ミルキークイーン

ちょっと前にとある女優さんが気に入っていると話題になったお米。
そのときは、「ふ~ん」ぐらいにしか思っていなかったのだが、先日のかまど体験で食して、私と次女が気に入り、帰りに立ち寄った道の駅で一袋だけ残っていたミルキークイーンを購入してきた。

ミルキークイーン。甘みがあって、冷えてもおいしいし、炊いた翌日チンしても炊きたてぐらいおいしさを挽回する。(水分は控えめに)


普段、子ども茶碗に一口程度しか食べず、ある朝は私がばたばたしていて、残りご飯を朝食に出そうとレンジにチンしたのに出し忘れても、文句一つ言わずおかずだけ食べて学校へ行くような次女が「ミルキークイーンは美味しいね。また食べたいね♡」としきりに言うので、近所のスーパー数軒を探したが見つからない。ネットで調べてみたら普段我が家が利用しているお米の倍ぐらいの値段で売られていてびっくり!

道の駅でも確かに値が張ったけど、倍はしなかった。有機栽培米だったし。
じゃあ、ちょっと買いに行こう。という距離でもなく、次女に、当分ミルキークイーンは買えなさそうだと伝えたらガッカリ。かくして、ミルキークイーン最後は長女の修学旅行のお弁当となり、次女は「あーもう終わりだよー」と大騒ぎ。

 

そんなとき、最近定期購入以外あまり利用していない生協のチラシにミルキークイーンの文字!値段もそこそこ。灯台もと暗し。産地は米所というわけではなかったけれど即注文。


それを聞いた次女は、毎食「もうすぐミルキークイーンがやって来るね~」と言いながら、なんど”7分づき”と頼んでも白米に精米してくれる産直販売所の米を食べている。

 

 

広告を非表示にする