牛乳

我が家の私以外の家族は牛乳好き。

好き度合いの強弱を表すと、弱い方から<次女→長女→夫>で夫がMAX。

夫は帰宅後の1杯がビールではなくて牛乳。それほど牛乳を愛してやまないらしい。

子どもたちは毎日おやつに牛乳を1杯は飲むし、1Lなんて平日で3日。休みが入ったり料理で使えば2日でなくなるときもある。

 

そんなわけで重宝していたのが生協さんの1.5Lパック。

f:id:chi-chi57:20170329135939j:plain

この堂々たる佇まい。1500mlとはっきり主張。容量もさることながら、味の方もおいしい。製造は淡路島牧場(淡路島酪農農業協同組合)さん。

 

我が家は、これが火曜日に1本届き、週末に一般的な1Lサイズを近所のスーパーで1本か2本買う。というのが消費サイクルだった。

 

「だった」というのは、来月からこの1.5Lパックが廃止になってしまい、1Lになるとの知らせが届いたのだ!突然、しかしサラッと「来月から変更になります。」とカタログの中にお知らせが入っていた。我が家にとっては大問題。牛乳って重いんですよ。1Lですから。普段歩きで仕事帰りに他のものと一緒に買い物してくるとなると手がちぎれそうになるほど重いんです。ほんと助かっていたんです!!

 

とここで主張しても届かないよなぁ。利用率低かったんだろうなぁ。とは思うけど、せめて利用者アンケートぐらいとって欲しかった。配達に来たお兄さんには伝えたけど、やはり1.5Lパックを惜しむ声はたくさんあるらしい。あ~あ、ほんと残念。

さようなら1.5Lパック。

 

    ****************************         *****************************

上記を一度アップしてからググってみたら昨年四月に淡路島酪農農業協同組合から兵庫県酪農農業協同組合へ統合。という記事や淡路島の牛乳工場の閉鎖を議会で可決などというニュースが見つかった。どうやらこの辺りとも関係あるのかも。酪農人口の高齢化や減少も響いているみたい。意外と問題は根深いのかも。

 

広告を非表示にする